仏壇のイメージ

現代的なミニ仏壇

最近の住宅には和室がない場合も多いそうです。リビングの端に小さな畳コーナーがある家もありますが、ここ数年ではそれすらない家も増えてきているようです。

 

確かに昔に比べると和室を使用する頻度は下がっているかもしれません。畳敷きの部屋を敢えて別の部屋として確保するよりも、リビングを広く取ってくつろげる空間にしたいと考える人が多くなっているのでしょう。

 

畳コーナーがあっても洗濯物を畳む時くらいしか使わないという意見も多く、現代的な家が増えてきたのだなと感じることが多くなりました。

 

 

 

しかしそういう住宅の場合、もしも身内に不幸があったら仏壇はどこに置くのでしょうか。
私自身は古い感覚を持っており、仏壇と言えば和室に置くものだという考えがあります。では和室がない家の場合はリビングなどに置くのでしょうか?

 

とても疑問に思っていたのですが、最近は現代的に形を変えた仏壇があるそうです。それがとても小さなミニ仏壇です。

 

従来の仏壇は大きめの箪笥くらいの大きさの物が一般的でしたが、ミニ仏壇はキャビネットの上でも置けるくらいのコンパクトなサイズになっています。

 

デザインもモダンになっていて、扉を閉めると一見仏壇とは思えないようなものもあります。

 

これなら確かにリビングに置いても違和感は感じないかもしれません。

 

最近は集合住宅で暮らす人も多く、大きな仏壇は置けないという事情を持つ人も多いです。それでもきちんと供養したいという気持ちを汲んで登場したのがミニ仏壇なのかもしれません。